ENGLISH


日本魚病学会事務局(2013年1月より)
〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
(新)TEL:03-6824-9371 FAX:03-5227-8631 (2018/11/26より)
(旧)TEL:03-5937-5716 FAX:03-3368-2822
E-Mail: jsfp-post@bunken.co.jp
HOME > 日本魚病学会とは > NEWS

NEWS

日本学術会議公開シンポジウムのお知らせ

日本学術会議公開シンポジウム『フードシステムと養殖の未来』が以下の要領で開催されます。
日程:令和3年11月12日(金) 13:00-17:00
開催方法:オンライン(Zoomウェビナー)
シンポジウムの参加は事前登録が必要とのことですので、ご留意ください。
詳細はこちらをご覧ください。

(2021年10月07日)

令和3年度日本魚病学会秋季大会のオンライン開催とプログラムについて(重要)

令和3年9月11日(土)、12日(日)に北海道大学大学院水産科学研究院で実施予定であった令和3年度日本魚病学会秋季大会ですが、Zoomシステムを用いたオンラインで実施することになりましたのでお知らせいたします。プログラムはこちらをご覧ください。

開催方法の変更に伴い、大会への参加申し込み期間を延長し、参加費用も無料といたします。 ただし、講演の申し込みは締め切っております。

参加をご希望の方は、9月6日(月)17時までに以下のサイトへアクセスし、手順に従って参加申し込みをお願いいたします。オンライン形式のため、当日参加はできませんので、必ず期限内に登録して頂けますようご注意ください。

参加申し込みサイト:https://forms.gle/F2ohkH3H8KN51egHA
*参加申し込み手順の詳細はこちらを、Zoomの使い方はこちらをご覧ください。

ご不明な点がありましたら、大会事務局にまでお問い合わせください。
大会事務局 北海道大学大学院水産科学研究院
TEL: 0138-40-8898
E-mail: fishpath[at]fish.hokudai.ac.jp([at]を@に変更してください。)

(2021年08月24日)

令和3年度日本魚病学会秋季大会の対面実施中止について

令和3年9月11日(土)、12日(日)に北海道大学大学院水産科学研究院で実施予定であった令和3年度日本魚病学会秋季大会ですが、新規感染者数が増加傾向にあることと宣言対象地域のさらなる拡大の可能性を鑑み、学会発表および各種会議の対面での実施を中止いたします。

現在、Zoomシステムを用いたオンラインでの実施について検討しております。詳細が決まりましたら改めてお知らせしますので、引き続き本学会ホームページに掲載される大会情報にご注視ください。

(2021年08月16日)

アジア水産学会魚病部会開催セミナーのお知らせ

アジア水産学会魚病部会が魚病ワクチンに関するセミナー『Fish Vaccination: Theory, Innovations and Applications』を開催します。

開催方法: リモート(Zoom Webinar)形式(英語のみ)
開催日時:令和3年8月4日(水)バンコク時間 13:00~15:00(注:バンコク時間です
講演の詳細: こちら
参加方法:参加に際しては、事前に講演詳細にあるQRコードから登録をお願いします。

(2021年07月12日)

令和3年度日本魚病学会秋季大会について(続報)

令和3年9月11日(土)、12日(日)に北海道大学大学院水産科学研究院で実施する令和3年度秋季大会は、6月25日現在、入念な感染防止対策を取った上で対面にて開催する方針です。
ただし、新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンライン開催等に変更する可能性もありますので,引き続き、本学会ホームページに掲載される大会情報にご注視ください。

(2021年06月28日)

令和3年度日本魚病学会受賞候補者の推薦について

学会賞授賞規定に基づき、令和3年度の日本魚病学会賞および日本魚病学会研究奨励賞受賞候補者の推薦を受け付けます。 推薦される方は用紙をお送りしますので庶務幹事の伊藤 (secretary[at]fish-pathology.com)([at]を@に変更してください。)までご連絡ください。 なお、学会賞受賞規定はこちらです。締切は7月31日とします。
(2021年06月02日)

令和3年度日本魚病学会秋季大会のご案内

令和3年9月11日(土)、12日(日)に北海道大学大学院水産科学研究院で実施する令和3年度秋季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究56(2)にも掲載します。

開催日時:令和3年9月11日(土)、12日(日)
大会委員長:北海道大学・笠井 久会氏

なお、新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンライン開催に変更する可能性もありますので,学会ホームページに掲載される大会情報にご注視ください。

(2021年05月17日)

アジア水産学会魚病部会主催webセミナーのお知らせ

アジア水産学会魚病部会主催第2回webセミナーが以下の要領で開催されるのでお知らせします。
日程:令和3年4月21日(水)12:00-15:00 (注意:バンコク時間で、日本とは時差があります)
開催方法:オンライン方式
参加方法:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_RCjjB1DoTM2sCWeQXvoj-Aより参加登録すると、視聴用のURLを受け取ることができます。
詳細はこちらをご覧ください。

(2021年04月05日)

第21回マリンバイオテクノロジー学会大会の開催について

第21回マリンバイオテクノロジー学会大会を以下の要領にて開催いたします。
大会日程:令和3年5月15日(土)~5月16日(日)
開催方法:オンライン方式
大会会長:田中 剛(東京農工大学工学部・教授)
大会事務局:東京農工大学工学部生命工学科
大会HP: http://marinebiotechnology.jp/mbt2020/outline/
詳細はこちらをご覧ください。

(2021年03月24日)

令和3年度日本魚病学会春季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳細はこちらをご覧下さい。

開催日時:令和3年3月20日(土)、21日(日)
大会委員長:日本獣医生命科学大学・和田 新平氏

なお、本年度の日本魚病学会の総会および学会賞受賞者講演は、Zoomシステムによるオンライン形式で行います。Zoom URLおよび参加方法は春季大会のサイト内(パブリックチャンネル内)に示しますので、参加される方は令和3年度日本魚病学会春季大会へ参加登録して頂けますようお願いいたします(参加無料)。

春季大会の参加登録は3月16日(火)まで延長いたしました。オンライン形式のため、当日参加はできませんので、必ず期限内に登録して頂けますようご注意ください。

(2021年03月03日)

岡山理科大学獣医学部国際獣医教育研究センター主催国際シンポジウムのお知らせ

岡山理科大学獣医学部国際獣医教育研究センターが国際シンポジウム『アニサキス症:現状の課題と今後の展望』を開催します。

開催方法:YouTube配信(日本語または字幕付き)
開催日時:令和3年2月1日(月)9:00~2月14日(月)17:00
講演内容:
・小川和夫(目黒寄生虫館)「水産学的立場から(カツオの事例が増えた理由)」
・Simonetta Mattiucci(Univ. Rome Sapienza)「寄生虫学的立場から(分類、生態、生物学)」
・嶋倉邦嘉(東京海洋大学)「食品科学的立場から(アニサキスによるアレルギー)」
・杉山 広(国立感染症研究所)「医学および行政対応の立場から(診断、治療、予防)」

詳細、参加申込は、岡山理大の国際獣医教育研究センターのHPに掲載してあります視聴申込フォームよりお申し込みください(2021年の年明けから登録可能です)。講演動画のURLと資料が送付されます。

(2020年12月08日)

令和3年度日本魚病学会春季大会のご案内

令和3年3月20日(土)、21日(日)にオンラインで実施する令和3年度春季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究55(4)にも掲載します。

開催日時:令和3年3月20日(土)、21日(日)
大会委員長:日本獣医生命科学大学・和田 新平氏

本大会は初めてのオンライン方式であり試行的な要素もあるため、参加費は無料とします。
発表はポスター形式のみとなります。発表のイメージはこちらをご覧下さい。

(2020年11月25日)

アジア水産学会魚病部会開催セミナーのお知らせ

アジア水産学会魚病部会が魚類寄生虫に関するセミナー『"Beauty and the Beast" Important Parasites of Fish』を開催します。

開催方法: リモート(Zoom Webinar)形式(英語のみ)
開催日時:令和2年12月9日(水)バンコク時間 13:00~16:00(注:日本時間 15:00〜18:00)
講演プログラム:こちら
参加方法:参加に際しては、事前にこちらのリンクから登録をお願いします。登録後、参加用のリンクが送付されます。

(2020年11月12日)

日本学術会議公開シンポジウムのお知らせ

日本学術会議公開シンポジウム『東北マリンサイエンス拠点形成事業と今後の水産研究の在り方 -豊かな海へ、科学の力で-』が以下のように開催されます。

開催方法: リモート(Zoom) 形式(東北大学青葉山キャンパスをメーンステーションにする)
開催日時:令和2年11月13日(金) 13: 00~17:00

詳細、参加申し込みはこちらのページをご覧ください。

(2020年10月23日)

令和2年度日本魚病学会秋季大会中止のご案内

令和2年度日本魚病学会秋季大会は、令和2年9月9日(水)ー 10日(木)の日程で北海道大学大学院水産科学研究院(大会委員長 笠井久会氏)にて開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、中止いたします。
(2020年06月23日)

令和2年度日本魚病学会受賞候補者の推薦について

学会賞授賞規定に基づき、令和2年度の日本魚病学会賞および日本魚病学会研究奨励賞受賞候補者の推薦を受け付けます。
推薦される方は用紙をお送りしますので
事務局 (伊藤:gen-fishpathology[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp)
([at]を@に変更してください。)までご連絡ください。
なお、学会賞受賞規定はこちらです。締切は8月15日とします。

(2020年06月23日)

令和2年度日本魚病学会秋季大会のご案内

令和2年度秋季大会は、以下のように開催することが予定されています。
ただし、新型コロナウイルス感染症の流行状況によっては開催を見送る可能性がありますのでご留意ください。
開催有無については、6月上旬までにはHPおよび魚病研究55(2)にてご案内する予定です。

開催場所: 北海道大学大学院水産科学研究院(担当:北海道大学)
開催日時:令和2年9月9日(水)ー 10日(木)
大会委員長:笠井久会 氏

(2020年04月09日)

令和2年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業について

岩手県では、各海洋研究機関の相互連携のもと、若手海洋研究者を対象とした表彰事業を実施します。三陸海域における海洋・水産研究の活性化と将来に向けた研究拠点形成を目的とします。

詳しくは、こちらをご覧ください。

(2020年04月09日)

第21回マリンバイオテクノロジー学会大会の開催延期について

2020年5月30日(土)・31日(日)に東京農工大学小金井キャンパスにて開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、開催を1年延期することとなりました。
(2020年04月09日)

令和2年度日本魚病学会春季大会要旨集のダウンロードについて

 本大会の要旨集はこちらからダウンロードできます。ファイルのパスワードは魚病研究54巻4号の巻末に記載されているJステージアクセス用パスワードと同様です。要旨集の印刷版が必要な方は日本魚病学会事務局(jsfp-post[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。))へお申し込みください。一部1,000円(送料込み)にて販売いたします。なお、本要旨集は令和2年度日本魚病学会春季大会にご協賛いただいた次の企業などのご支援により発行しているものです。
あすかアニマルヘルス株式会社、共立製薬株式会社、株式会社ゴトー養殖研究所、株式会社 拓水、株式会社 京都動物検査センター、株式会社 キョーリン、一般財団法人 日本生物科学研究所、日本農産工業株式会社、株式会社 微生物化学研究所、一般財団法人 松岡科学研究所、株式会社 緑書房(協賛口数別・五十音順)

(2020年03月10日)

令和2年度日本魚病学会春季大会中止のお知らせ

本大会は新型コロナウイルス感染発生に伴い中止となりました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

(2020年02月21日)

「研究に関する男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に関するアンケート調査(研究者対象)」について

このたび、全国ダイバーシティネットワークの幹事機関である大阪大学と日本学術会議科学者委員会男女共同参画分科会・同アンケート検討小分科会より研究に関する男女共同参画・ダイバーシティの推進状況に関するアンケート調査(研究者対象)への協力依頼が参りましたのでお知らせします。回答期限は2020年1月31日(金)となっております。
詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
https://www.opened.network/questionary/questionary-0002/

○問い合わせ先 三成 mitunari■cc.nara-wu.ac.jp ■を@に直してご連絡ください。

(2020年01月10日)

海洋生物機能分野(魚病学)の教員公募(公募期間延長)のご案内

長崎大学総合生産科学域 水産・環境科学総合研究科 水産科学領域 海洋生物機能分野(魚病学)では、准教授の公募をいたします。応募書類の締め切りは、令和2年2月25日(火)必着です。詳しくは、こちらをご覧ください。
(2020年01月10日)

令和2年度日本魚病学会春季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。
開催場所:東京海洋大学品川キャンパス
開催日時:令和2年3月7日(土)、8日(日)
大会委員長:佐野 元彦氏

(2019年12月06日)

第21回マリンバイオテクノロジー学会大会開催のお知らせ

第21回マリンバイオテクノロジー学会大会が、2020年5月30日-5月31日に東京農工大学小金井キャンパスにて開催されます。詳細は「こちら」をご覧ください。
(2019年11月29日)

令和2年度日本魚病学会春季大会のご案内

令和2年度春季大会は、以下の様に開催することが決定しました。
詳細はホームページで後日お知らせするとともに、魚病研究54(4)に掲載予定です。

開催場所:東京海洋大学品川キャンパス
開催日時:令和2年3月7日(土)、8日(日)
大会委員長:佐野 元彦氏

(2019年11月29日)

令和元年度日本魚病学会秋季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

開催場所: フェニックス・プラザ(担当:福井県立大学)
開催日時:令和元年9月11日(水)午後~12日(木)15時15分まで
大会委員長:宮台 俊明 氏

(2019年08月26日)

令和元年度日本魚病学会受賞候補者の推薦について

学会賞受賞規定に基づき、令和元年度の日本魚病学会賞および日本魚病学会研究奨励賞受賞候補者の推薦を受け付けます。
推薦される方は用紙をお送りしますので
事務局 (伊藤:gen-fishpathology[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp)
([at]を@に変更してください。)までご連絡ください。
なお、学会賞受賞規定はこちらです。締切は7月末です。

(2019年06月26日)

令和元年度日本魚病学会秋季大会のご案内

令和元年9月11、12日にフェニックス・プラザで開催される秋季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究54(2)にも掲載しております。

開催場所: フェニックス・プラザ(担当:福井県立大学)
開催日時:令和元年9月11日(水)午後~12日(木)終日
大会委員長:宮台 俊明 氏

(2019年04月03日)

平成31年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業について

岩手県では、各海洋研究機関の相互連携のもと、若手海洋研究者を対象とした表彰事業を実施します。三陸海域における海洋・水産研究の活性化と将来に向けた研究拠点形成を目的とします。
詳しくは、こちらをご覧ください。
(2019年04月03日)

平成31年度日本魚病学会春季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
初日の口頭発表の開始時刻が9時からに変更になっております。
詳しくは、こちらをご覧ください。

開催場所:東京⼤学農学部内 弥⽣講堂
開催日時:平成31年3月2日(土)終日、3日(日)14時30分まで
大会委員長:良永知義 氏

(2019年02月19日)

平成31年度日本魚病学会春季大会のご案内

平成31年3月2、3日に東京大学農学部で開催される春季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究53(4)にも掲載しております。

開催場所:東京大学農学部内 弥生講堂
開催日時:平成31年3月2日(土)終日、3日(日)14時30分まで
大会委員長:良永知義 氏

(2018年11月27日)

「Marine Biotechnology Conference 2019」国際会議開催のお知らせ

Marine Biotechnology Conference 2019国際会議が、2019年9月9〜13日に「静岡市清水文化会館マリナート」および「静岡市東部勤労者福祉センター 清水テルサ」で開催されます。
詳細はこちらをご覧下さい。
(2018年10月31日)

東洋大学生命環境科学研究センター・研究総括シンポジウム開催のお知らせ

東洋大学生命環境科学研究センター・研究総括シンポジウムが、平成30年11月30日に東洋大学・白山キャンパス(東京都)で開催されます。詳細はこちらをご覧下さい。
(2018年10月31日)

平成30年度日本魚病学会秋季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

開催場所:広島大学生物生産学部 東広島キャンパス
開催日時:平成30年9月13日(木)終日、14日(金)11時30分まで
大会委員長: 高橋 幸則 氏

(2018年08月24日)

平成30年度第1回 国産水産物流通促進事業セミナーのお知らせ

水産庁補助事業 魚食普及推進セミナー アニサキスを中心とした食中毒対応 ~正しい知識でリスクを低減し、魚食文化を守る~」が平成30年7月18日(水)に石垣記念ホール (東京都港区赤坂 1-9-13 三会堂ビル9階)で開催されます。詳細はこちらをご覧ください。
(2018年06月22日)

平成30年度日本魚病学会秋季大会のご案内

平成30年9月13、14日に広島大学生物生産学部 東広島キャンパスで開催される秋季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究53(2)にも掲載しております。

開催場所:広島大学生物生産学部 東広島キャンパス
開催日時:平成30年9月13日(木)終日、14日(金)12時30分まで
大会委員長:高橋幸則 氏

(2018年06月14日)

Flavobacterium 2018の開催のお知らせ

Flavobacterium 2018が平成30年11月27日~29日に東大寺総合文化センター(奈良県)で開催されます。詳細はこちらをご覧ください。
(2018年06月14日)

平成30年日本魚病学会秋季大会のご案内

平成30年度秋季大会は、以下のように開催することが決定しました。
詳細は、ホームページで後日お知らせするとともに、魚病研究53(2)に掲載予定です。

開催場所:広島大学
開催日時:平成30年9月13日(木)、14日(金)
大会委員長:髙橋 幸則 氏

(2018年04月16日)

平成30年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業について

岩手県では、各海洋研究機関の相互連携のもと、若手海洋研究者を対象とした表彰事業を実施します。三陸海域における海洋・水産研究の活性化と将来に向けた研究拠点形成を目的とします。 詳しくは、こちらをご覧ください。
(2018年04月16日)

(地独)北海道立総合研究機構の研究職員採用試験のご案内について

地方独立行政法人北海道立総合研究機構では平成31年度採用予定の研究職員を募集しています。試験区分「魚病」で1名、「管理増殖」で5名の採用が予定されており、第1次採用試験を平成30年6月17日(日)に東京都と札幌市で実施します。申込みの受付期限は、5月11日(金)です。詳しくはこちら(http://www.hro.or.jp/hro/recruit/ )から募集要項をダウンロードして下さい。
(2018年04月16日)

平成30年度日本魚病学会春季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

開催場所:東京海洋大学品川キャンパス白鷹館1階
開催日時:平成30年3月3日(土)終日、4日(日)15時30分まで
大会委員長:舞田正志 氏

(2018年02月22日)

第20回マリンバイオテクノロジー学会大会開催のお知らせ

第20回マリンバイオテクノロジー学会大会が、平成30年5月26~27日にフェニックス・シーガイア・リゾート・コンベンションセンター(宮崎県)で開催されます。詳細はこちらをご覧下さい。

(2018年02月22日)

国際会議ISAAH-8のお知らせ

8th International Symposium on Aquatic Animal Health (ISAAH-8)が、カナダ プリンスエドワードアイランド州 シャーロットタウンで2018年9月2~6日に開催されます。詳細はこちらをご覧下さい。ご質問などは、岩本季典 氏(tiwamoto(at)upei.ca (at)のところを@に修正してください)もしくは、上記リンク先の事務局までご連絡下さい。

(2018年02月22日)

平成30年度日本魚病学会春季大会のご案内

平成30年3月3、4日に東京海洋大学品川キャンパスで開催される春季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究52(4)にも掲載しております。

開催場所:東京海洋大学品川キャンパス白鷹館1階
開催日時:平成30年3月3日(土)終日、4日(日)15時30分まで
大会委員長:舞田正志 氏

(2017年11月27日)

平成29年日本魚病学秋季季大会のプログラム修正

プログラムを修正しました。
8月31日より前にダウンロードした方は、こちらから再度ダウンロードして下さい。

(2017年08月31日)

平成29年度日本魚病学会秋季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

開催場所:ホテルメリージュ(宮崎市)(担当:宮崎大学)
開催日時:平成29年9月12日(火)終日、13日(水)12時00分まで
大会委員長:伊丹 利明 氏

(2017年08月25日)

平成29年度日本魚病学会秋季大会のご案内

平成29年9月12、13日にホテルメリージュ(宮崎市)で開催される秋季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究52(2)にも掲載しております。

開催場所:ホテルメリージュ(宮崎市)
開催日時:平成29年9月12日(火)終日、13日(水)12時30分まで
大会委員長:伊丹利明 氏

(2017年06月16日)

18th International Conference on Diseases of Fish and Shellfish開催のお知らせ

18th International Conference on Diseases of Fish and Shellfishが、英国ベルファストで2017年9月4~8日に開催されます。詳細は、ホームページをご覧下さい。

(2017年06月16日)

平成29年度日本魚病学会秋季大会のご案内

平成29年度秋季大会は、以下のように開催することが決定しました。大会では、シンポジウム、口頭発表とポスター発表を予定しています。
詳細は、ホームページでお知らせするとともに、魚病研究52(2)に掲載予定です。

開催場所:宮崎ホテルメリージュ(担当:宮崎大学)
開催日時:平成29年9月12日(火)~13日(水)
大会委員長:伊丹 利明 氏

(2017年05月30日)

10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture (DAA10)開催のお知らせ

DAA10が、インドネシアのバリで2017年8月27~9月1日に開催されます。
詳細は、ホームページをご覧下さい。

(2017年05月30日)

国際会議ISAAH-8のお知らせ

8th International Symposium on Aquatic Animal Health (ISAAH-8)が、カナダプリンスエドワード島シャロットタウンで2018年9月2~7日に開催されます。
詳細は、ホームページをご覧下さい。

(2017年05月30日)

平成29年日本魚病学会春季大会のプログラム修正

プログラムを修正しました。
3月6日より前にダウンロードした方は、こちらから再度ダウンロードして下さい。

(2017年03月06日)

平成29年日本魚病学会春季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

開催場所:日本大学生物資源科学部湘南キャンパス
開催日時:平成29年3月11日(土)終日、12日(日)15時30分まで
大会委員長: 中西照幸氏

(2017年03月01日)

平成29年日本魚病学会春季大会の申込締切期日の延長について

日本大学生物資源科学部湘南キャンパスで開催される春季大会の参加申し込み締切日が2月10日に延長されました。詳細はこちらをご覧下さい。

(2017年01月19日)

第19回マリンバイオテクノロジー学会大会開催のお知らせ

第19回マリンバイオテクノロジー学会大会が、平成29年6月3~4日に東北大学青葉山新キャンパスで開催されます。詳細はこちらをご覧下さい。

(2016年12月28日)

平成29年日本魚病学会春季大会のご案内

平成29年3月11、12日に日本大学生物資源科学部湘南キャンパスで開催される春季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究51(4)にも掲載しております。(申込締切期日が2月10日に延長されました)

開催場所:日本大学生物資源科学部湘南キャンパス
開催日時:平成29年3月11日(土)終日、12日(日)15時まで
大会委員長:中西照幸氏

(2016年12月12日)

平成28年日本魚病学会秋季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

開催場所:近畿大学農学部 奈良キャンパス
開催日時:平成28年9月7日(水)終日、8日(木)14時45分まで
大会委員長:白樫 正 氏
(2016年08月19日)

平成28年日本魚病学会秋季大会のご案内

平成28年9月7、8日に近畿大学農学部で開催される秋季大会の概要が決定しました。
詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究51(2)にも掲載しております。
JTBによる学会専用の宿泊予約はこちらをご利用下さい。

開催場所:近畿大学農学部 奈良キャンパス
開催日時:平成28年9月7日(水)終日、8日(木)12時30分まで(予定)
大会委員長:白樫 正 氏
(2016年06月22日)

平成28年日本魚病学会秋季大会のご案内

平成28年度秋季大会は、以下のように開催することが決定しました。大会では、各種会議、口頭発表とポスター発表を予定しています。
詳細は、ホームページでお知らせするとともに、魚病研究51(2)に掲載予定です。

開催場所: 近畿大学農学部(奈良)
開催日時:平成28年9月7日(水)、8日(木)
大会委員長:白樫 正 氏
(2016年04月13日)

平成28年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業について

岩手県では、各海洋研究機関の相互連携のもと、若手海洋研究者を対象とした表彰事業を実施します。三陸海域における海洋・水産研究の活性化と将来に向けた研究拠点形成を目的とします。
詳しくは、こちらをご覧ください。
(2016年04月13日)

北海道立総合研究機構の研究職員採用試験のご案内について

地方独立行政法人北海道立総合研究機構では平成29年度採用予定の研究職員を募集しています。試験区分「魚病」で1名、「管理増殖」で3名の採用が予定されており、第1次採用試験を平成28年7月3日(日)に札幌市で実施します。
申込みの受付期限は、6月14日(火)です。
詳しくはこちらから募集要項をダウンロードして下さい。
(2016年04月13日)

平成28年日本魚病学会春季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

開催場所:
日本獣医生命科学大学第一校舎 E111 講義室
開催日時:
平成28年3月12日(土)終日、13日(日)15時まで
大会委員長:
和田新平氏
(2016年02月25日)

水産防疫関連の施行規則の改正が公布されました

詳細はこちらをご覧下さい。

(2016年02月01日)

第18回マリンバイオテクノロジー学会大会開催のお知らせ

第18回マリンバイオテクノロジー学会大会が、平成28年5月28~29日に北海道大学函館キャンパスで開催されます。
詳細はこちら、または大会HPをご覧下さい
(2015年12月18日)

平成28年日本魚病学会春季大会のご案内

平成28年3月12、13日に日本獣医生命科学大学第一校舎で開催される春季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究50(4)にも掲載しております。

開催場所:
日本獣医生命科学大学第一校舎 E111 講義室
開催日時:
平成28年3月12日(土)終日、13日(日)15時まで(予定)
大会委員長:
和田新平氏
(2015年12月18日)

平成27年日本魚病学会秋季大会のプログラム修正

プログラムを修正しました。
9月7日より前にダウンロードした方は、こちらから再度ダウンロードして下さい。

(2015年09月07日)

平成27年日本魚病学会秋季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

開催場所:
東京大学農学部内 弥生講堂
開催日時:
平成27年9月25日(金)終日、26日(土)15時まで
大会委員長:
良永知義氏
(2015年08月31日)

平成27年日本魚病学会秋季大会のご案内

平成27年9月25、26日に東京大学農学部で開催される秋季大会の概要が決定しました。
詳細はこちらをご覧下さい。また、魚病研究50(2)にも掲載しております。

開催場所:
東京大学農学部内 弥生講堂
開催日時:
平成27年9月25日(金)終日、26日(土)15時まで(予定)
大会委員長:
良永知義氏
(2015年07月07日)

平成27年日本魚病学会秋季大会のご案内

平成27年度秋季大会は、以下のように開催することが決定しました。大会では、各種会議、口頭発表とポスター発表を予定しています。
詳細は、ホームページでお知らせするとともに、魚病研究50(2)に掲載予定です。

開催場所:
東京大学農学部内 弥生講堂
開催日時:
平成27年9月25日(金)終日、26日(土)15時まで(予定)
大会委員長:
良永知義氏
(2015年04月10日)

平成27年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業について

岩手県では、各海洋研究機関の相互連携のもと、若手海洋研究者を対象とした表彰事業を実施します。
三陸海域における海洋・水産研究の活性化と将来に向けた研究拠点形成を目的とします。
詳しくは、こちらをご覧ください。

(2015年04月10日)

平成27年日本魚病学会春季大会参加者の集合写真について

平成27年3月7日(土)に開催された日本魚病学会50周年記念シンポジウムの集合写真を掲示しました。こちらからダウンロードして下さい。

*参加者のみ閲覧できます。
平成27年度日本魚病学会春季大会事務局へパスワードをお問い合わせください。
問い合わせ先:msano00(at)kaiyodai.ac.jp(at)のところを@に修正してください

(2015年03月24日)

平成27年日本魚病学会春季大会のプログラム訂正

平成27年3月7日(土)、8日(日)に開催される春季大会のプログラムの一部を訂正 しました。訂正は、ポスターの発表数を1題増やして、30としました。
訂正版は、こちらからダウンロードしてください。

(2015年03月05日)

平成27年日本魚病学会春季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。
詳しくは、こちらをご覧ください。

開催日時:平成27年3月7日(土)終日、8日(日)15:00まで
開催場所:東京海洋大学品川キャンパス白鷹館

(2015年02月25日)

国際会議EAFP-2015のお知らせ(第2回案内)

17th INTERNATIONAL CONFERENCE ON DISEASES OF FISH AND SHELLFISHに関する第2回案内が公表されました。
詳しくは、こちらをご覧ください。
(2014年12月15日)

平成27年度春季大会について

平成27年3月7、8日に東京海洋大学で開催される春季大会の概要が決定しました。
「日本魚病学会50周年記念シンポジウム」、研究発表(ポスター発表のみ)、各種委員会、総会および学会賞受賞者講演を予定しています。

詳しくはこちらをご覧ください。また、魚病研究49(4)にも掲載しております。 正式なプログラムは、2月中旬にホームページで改めてお知らせします。

(2014年12月10日)

第17回マリンバイオテクノロジー学会大会開催のお知らせ

第17回マリンバイオテクノロジー学会大会が、平成27年5月30~31日に東京海洋大学品川キャンパスで開催されます。詳細はこちら、または大会HPをご覧下さい。

(2014年12月10日)

魚病研究49巻3号における記載の誤り

魚病研究49巻3号の和文要旨に記載されているページ番号に誤りがありました。
皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたしますとともに、次のとおり訂正いたします。


イシダイから単離されたMHCクラスⅠとβ2ミクログロブリンの性状 ページ番号 93-112

抗コイヘルペスウイルス鶏卵抗体(IgY)の経口投与によるコイの受動免疫 ページ番号113-120

トラフグ病魚から分離された非運動性Tenacibaculum maritimumの生物学的および血清学的性状 ページ番号121-129

カワハギレンサ球菌症ワクチンの薬理効果 ページ番号130-136

粘液胞子虫性やせ病に対する高水温飼育の効果 ページ番号137-140

用水の紫外線照射によるクドア属粘液胞子虫2種の防除効果 ページ番号141-144

(2014年10月06日)

平成26年日本魚病学会秋季大会のご案内

プログラムの詳細が決定しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

開催日時:平成26年9月22日(月)終日、22日(火)14:45まで
開催場所:九州大学中央図書館視聴覚ホール
(2014年09月08日)

国際会議EAFP-2015のお知らせ

2015年9月7日~9月11日に、スペイン、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアで17th INTERNATIONAL CONFERENCE ON DISEASES OF FISH AND SHELLFISHが開催されます。詳しくは、こちらをご覧ください。
(2014年08月05日)

DAA9参加学生に対する補助の決定について

4月より募集を行ってきた9th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture (DAA9) に参加する学生への補助について、審査の結果、9名に支給することが決定しまし た。詳しくはこちらをご覧ください。

(2014年07月23日)

Southeast Asian Fisheries Development Center (SEAFDEC)との包括連携協定を締結しました

 「日本魚病学会」、「魚病研究」の国際的認知度の向上に向けた更なる取り組の一環として、SEAFDECとの包括連携協定を締結しました。SEAFDECは東南アジアを中心とした国々の水産業発展支援事業を幅広く展開しており、これら諸国における最新の魚病情報等も豊富に入手できる立場にあります。協定書はこちらをご覧ください。
(2014年06月04日)

9th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture (DAA9)情報

9th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture (DAA9)の情報をまとめましたので、左側のメニューからアクセスして下さい。

DAA9特別セッション
バナメイのEarly Mortality Syndrome/Acute Hepatopancreatic Necrosis Syndrome (EMS/AHPND)に関する特別セッションが開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。
(2014年05月14日)

平成26年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業について

岩手県では、各海洋研究機関の相互連携のもと、若手海洋研究者を対象とした表彰事業を実施します。三陸海域における海洋・水産研究の活性化と将来に向けた研究拠点形成を目的とします。
詳しくは、こちらをご覧ください。
(2014年05月09日)

9th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture (DAA9)に参加する学生に対する補助の申請を募集します。

日本魚病学会は、平成26年11月24~28日にベトナムホーチミン市で開催される「9th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture (DAA9)」を共催します。国際社会で活躍する学生を積極的に支援する活動として、DAA9で発表する学生を対象にした参加補助の支給を行います。締切は、7月11日(金)です。
募集案内はこちら、申請書はこちらからダウンロードして下さい。
(2014年04月15日)

遠山椿吉賞の募集について

日本の公衆衛生において、人びとの危険を除き、命を守るために、先駆的かつグローバルな視点で、地道に社会への貢献を追求する研究者(個人および研究グループ)を顕彰する賞「遠山椿吉記念 第4回 食と環境の科学賞」の募集を本年4月1日より開始いたしました。
詳しくは、こちら1こちら2こちら3をご覧ください。
(2014年04月10日)

平成26年度秋季大会のお知らせ

平成26年度秋季大会は、以下のように開催することが決定しました。大会では、各種会議、シンポジウム、口頭発表とポスター発表を予定しています。
詳細は、今後ホームページでお知らせするとともに、魚病研究49(2)に掲載予定です。

開催場所:九州大学箱崎キャンパス
開催日:平成26年9月22~23日
大会委員長:中尾実樹氏

(2014年04月09日)

平成26年度東京農業大学生物資源ゲノム解析拠点共同利用共同研究の募集について

東京農業大学生物資源ゲノム解析センターでは文部科学省より共同利用・共同研究拠点(資源生物ゲノム解析拠点)の認定をうけ、共同研究の募集をしています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
(2014年04月09日)

国際会議ISAAH-7のお知らせ

2014年8月31~9月4日に、アメリカポートランド市で7th International Symposium on Aquatic Animal Health (ISAAH-7)が開催されます。詳しくは、こちらをご覧ください。

Please join us for the 7th International Symposium on Aquatic Animal Health (ISAAH-7) in Portland, Oregon (August 31 - September 4, 2014). ISAAH has been held every four years since the first meeting in Vancouver in 1988. The last ISAAH was held in Tampa, Florida in 2010. This is a great opportunity to interact with fellow aquatic animal health professionals from throughout the world. The best of Portland and our global ISAAH community await you! Please visit the ISAAH-7 website for more information:
http://isaah-7.science.oregonstate.edu/

Registration is now open. Abstracts and Early Registration must be submitted by May 31.

(2014年03月28日)

公募のご案内

東京大学大学院農学生命科学研究科水圏生物科学専攻では准教授の公募をいたしま
す。
詳しくは、こちらをご覧ください。

(2014年03月06日)

平成26年度日本魚病学会春季大会のご案内

平成26年度日本魚病学会春季大会のプログラムが決定しました。
プログラムの詳細はこちらをご覧ください。また、公開シンポジウムについては、こちらをご覧ください。
(注)3月31日に予定されていました飯田氏の学会賞受賞者講演が中止になりまし た。森友氏の研究奨励賞の受賞者講演を繰り上げて行いますので、ご注意ください。
12:00に大会は閉会となります。
(2014年02月17日)

名古屋議定書のお知らせ

2010年10月に名古屋で開催されました生物多様性条約締約国会議(COP10)により名古屋議定書が採択されました。海外からの研究用生物試料の受け入れに関する新しい国内ルール(遺伝資源に係わる名古屋議定書の国内措置)の対応について、説明会等を開催します。詳しくは、こちらをご覧ください。
(2013年12月20日)

平成26年度春季大会の詳細について

平成26年3月30日終日(日)、31日半日(月)に函館で開催される春季大会の詳細が決定しました。こちらをご覧ください。また、魚病研究48(4)にも掲載しております。
(2013年12月05日)

第16回マリンバイオテクノロジー学会大会開催のお知らせ

第16回マリンバイオテクノロジー学会大会が、平成26年5月31日~6月1日に三重大学生物資源学部校舎で開催されます。詳細はこちら、または学会HPをご覧下さい。
(2013年12月05日)

平成25年度東京農業大学生物資源ゲノム解析拠点共同利用共同研究の募集について

東京農業大学生物資源ゲノム解析センターでは文部科学省より共同利用・共同研究拠 点(資源生物ゲノム解析拠点)の認定をうけ、別添公募要項のとおり共同研究の募集 します。詳しくは、こちらをご覧ください。「申請のガイド」と「申請書」は、ダウンロードしてご利用下さい。
(2013年10月17日)

日本学術会議フォーラムのご案内

「東日本大震災からの水産業および関連沿岸社会・自然環境の復興・再生に向けて」のフォーラムが11月29日(金)に、日本学術会議で開催されます。
本会からは、良永編集委員長が「貝類養殖の復興のための疾病侵入防止の取り組みと今後へ向けた提言」について講演を行います。

詳細はこちらをご覧下さい。
(2013年10月02日)

平成26年度春季大会について

平成26年度日本魚病学会春季大会のプログラムが決定しました。
プログラムの詳細はこちらをご覧ください。また、公開シンポジウムについては、こちらをご覧ください。
(注)3月31日に予定されていました飯田氏の学会賞受賞者講演が中止になりまし た。
森友氏の研究奨励賞の受賞者講演を繰り上げて行いますので、ご注意ください。
12:00に大会は閉会となります。  開催場所:函館国際ホテル(http://www.hakodate-kokusai.jp/
 開催日:平成26年3月30日終日(日)、31日半日(月)
 大会委員長:笠井久会氏
 大会副委員長:渡邉研一氏
(2013年09月25日)

秋季大会プログラム

平成25年度日本魚病学会秋季大会のプログラムが決定しました。
詳細はこちらをご覧ください。
(2013年08月14日)

新刊の特価販売について

『魚介類の微生物感染症の治療と予防』が8月中旬に発売され、日本魚病学会会員の方は2割引で購入できます。日本魚病学会秋季大会での展示販売か、FAXで注文してください。内容はこちらをご覧ください。
新刊『魚介類の微生物感染症の治療と予防』を定価12,600円の2割引の10,000円で購入できます。またすでに刊行している「魚介類の感染症・寄生虫病」も2割引の10,500円で購入できます。生協・書店では割引はありませんので、必ず株)恒星社厚生閣にFAXで注文(03-3359-7375)してください(送料無料)。割引期間は8月~11月末までです。
(2013年08月12日)

秋季大会期間中の「宿泊」申し込み期限延長のお知らせ

平成25年度日本魚病学会秋季大会期間中の「宿泊」申し込みは、8月15日(木)まで可能です。名鉄観光を利用しての平成25年度日本魚病学会秋季大会期間中の「宿泊」申し込みは、8月9日を申し込み期限としていましたが、8月15日(木)まで延長します。
詳細はこちらこちらをご覧下さい。
(2013年08月05日)