ENGLISH


日本魚病学会事務局(2013年1月より)
〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
(新)TEL:03-6824-9371 FAX:03-5227-8631 (2018/11/26より)
(旧)TEL:03-5937-5716 FAX:03-3368-2822
E-Mail: jsfp-post@bunken.co.jp
HOME > 大会案内

大会案内

令和4年度日本魚病学会春季大会のプログラムが決定しました。詳細はこちらをご覧ください。
先に掲示したものから変更がありますので、必ずご確認ください。

開催日時:令和4年3月5日(土)、6日(日)
大会委員長:東京海洋大学・佐野元彦氏

なお、本大会はオンライン開催となるため、事前登録せずに当日参加することはできません。学会参加(発表なし)のみに限り、2月25日まで再度受付することといたしました。参加を希望する方は、2月25日までに次の参加登録フォームよりお申込みください。

参加登録URL:https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=9144319826643031&EventCode=P027037037

春季大会時に開催する日本魚病学会の総会および学会賞受賞者講演もZoomシステムによるオンライン形式で行います。受賞者講演用Zoom URLは大会参加者(参加登録時のメールアドレス宛)および本学学会員(事務局に登録してあるメールアドレス宛に)へ、総会用Zoom URLは本学学会員へメールにてご連絡いたします。総会および受賞者講演についてご不明な点は庶務幹事までご連絡ください。
日本魚病学会 庶務幹事 伊藤直樹
E-mail: secretary[at]fish-pathology.com ([at]を@に変更してください。)


令和4年度日本魚病学会春季大会参加の追加申込について

本大会への参加登録期間は令和4年2月7日までとなっておりましたが、期間中に参加登録ができなかった方のために、学会参加(発表なし)のみに限り、2月25日まで再度受付することといたしました。参加を希望する方は、2月25日までに次の参加登録フォームよりお申込みください。なお、本大会はオンライン開催となるため、事前登録せずに当日参加することはできません。

参加登録URL:https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=9144319826643031&EventCode=P027037037


令和4年度日本魚病学会春季大会の参加申し込み方法について

令和4年3月5日(土)、6日(日)に東京海洋大学品川キャンパスで開催する令和4年度春季大会の参加申し込みは以下よりお願いいたします。

https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=9144319826643031&EventCode=P027037037

申し込みフォームの使用方法はこちらをご覧ください。

なお、参加・研究発表申し込みは令和4年2月7日まで上記のフォームからのみ受付ます。当日参加申し込みはありませんので、ご注意ください。


令和4年度日本魚病学会春季大会のご案内

令和4年3月5日(土)、6日(日)に東京海洋大学品川キャンパスで開催する令和4年度春季大会の概要が決定しました。詳細はこちらをご覧ください。また、魚病研究56(4)にも掲載します。

開催日時:令和4年3月5日(土)、6日(日)
大会委員長:東京海洋大学 佐野元彦氏

なお、新型コロナウイルス感染症の状況によってはオンライン開催に変更する可能性もありますので、学会ホームページに掲載される大会情報にご注視ください。


令和4年度日本魚病学会春季大会について(予告)

令和4年3月5日(土)、6日(日)に東京海洋大学で実施する予定です。詳細はまだ決定していませんが、次のような方針で準備を進めていく予定にしています。

*感染防止対策を取った上で対面にて開催します。例年のように、口頭発表、ポスター発表、評議員会、編集委員会、総会、学会賞受賞講演を予定します。
*新型コロナウイルス感染症等の状況等により、会場にて参加できない方のためにweb参加を設け、Zoom等により一方向で音声と映像を配信します。
*1月中旬から2月7日(月)程度で参加および講演の申込みと講演要旨の受付をします。
*参加費は、対面参加の方は当日受付にて、web参加の方は振込等で申し受けます。
*対面参加者には印刷版の要旨集を、web参加者にはPDFの要旨集を配付します。
*来年3月の新型コロナウイルス感染状態がまったく予測できません。そこで、開催1か月前の2月3日(木)ごろに対面開催の可否の判断をし、困難な場合には、オンラインでの開催とします。ただし、感染状況が急激に変化することも考えられ、一旦対面開催と判断した場合にでも、状況に応じてオンライン開催に変更する可能性があることをご承知おきください。

今後、学会ホームページおよび「魚病研究」4号(12月発行)に大会の情報を掲載しますので、ご注視ください。